「応援してくれる人より先に諦めない!」2019MVPの苦悩と超克
Real M 第4回:セガサミーフェニックス 魚谷侑未

Mリーガー×AMOS対談企画『Real M』がスタート!AMOSアンバサダー日向藍子がトッププロの”リアル”を聞き出します!第4回のゲストは、セガサミーフェニックス所属の魚谷侑未選手です。

シーズン中に発表した結婚について

まずはゆーみん、結婚おめでとうございます!!

ありがとうございます!

いや、もうホントに、旦那さんとの話を聞ければ今日の記事は終わりですよ。

いやいや(笑)

新婚生活はどうですか?

う-ん、あまり変わらないですね。

色々聞きたいんですけど、まず旦那さん(宮澤太佑プロ)には何て呼ばれてるんですか?

普通に侑未ってそのまま呼ばれてるかな、それにあわせてこちらもだいちゃんって感じで。

だいちゃんは一言でいうとどんな人ですか?

ポジティブで明るい!

それってすごく良いことですよね。私ネガティブなタイプの人間だから、相手もネガティブだと空気も重くなって疲れるのよ(笑)

わかる、私も元来暗い人だから、最初は明るい人とは合わないのかなと思ってた。だけど、明るい人と一緒に居てみたら、すごく助かることが多かった。

旦那さんから学ぶ所もたくさんあるんですね。麻雀について話す事はあるんですか?

あんまりないかな。ちょっとは話すけど細かい内容の討論の議論はしたことない。だから麻雀が原因での喧嘩もしたことないかな。

家事はどういう感じで分担してますか?

料理は基本的に私が作ってる。掃除は、あまりどっちもちゃんとしないかな。それ以外の部分はお互いにできる時にしてる。

以前日向のYouTubeの企画にゆーみんが来てくれたとき、結婚が目標って言ってましたよね!それが叶っていまどうですか?幸せの絶頂?(笑)

うーん、私は麻雀以外であんまり感情を出さない人間だから、幸せとか愛とかはよく分かってないかな

けど、それでもこの人と一緒に居れてよかったなと思う。


AMOSアルティマへの疑問

さて、それではここからは麻雀の話をしていきたいなと。ゆーみんは長年麻雀に携わってきてますけど「AMOS」についてどういうイメージを持ってますか?

”麻雀卓”って感じかなあ、それ以外ちょっと浮かばないかも。

そうですよね(笑)ちなみに初めて麻雀卓に触れたのっていつごろですか?

21歳の頃かな、プロに入会したのはその半年後の22歳。

ちゃんと麻雀のルールを覚えたのはその21歳の頃?

そうだね、それまでは麻雀に興味を持ったこともなかった。

たまたま地元の友達が麻雀をしているってことでその現場に見に行った時に初めて自動卓を見て、そしてその瞬間に麻雀にハマっちゃいました。

その時初めて見た卓って覚えてます?

多分アルティマだったと思う。

自宅に自動卓を置いたりしたことってあります?

ないかな、今もない。

欲しかったりします?

どうだろう…家に置く場所があればほしいかも!

スペースさえあれば…ってことですね。だいちゃんに頑張ってもらいましょう(笑)

普段は旦那さんと一緒に打ったりしますか?

そういえばだいちゃんとは2回しか麻雀したことないね。1回は付き合う前にセットしたことがあって、もう1回は連盟のお正月番組で対局した。その2回だけかな。

今Mリーグで使用されてるAMOSのREXX2の使い心地はどうですか?

好きですね。牌も見やすくてとても扱いやすいです。

少しの間、上下整列卓(REXX3:牌の上下が正しく出る)が利用されていましたがあれはどうでした?

照明のせいかもしれないのですが牌の色がちょっと慣れないなって感じました。

以前、全自動卓についての疑問をツイートされてましたよね。せっかくなので何か聞いてみたいことなどありますか?今日は大洋技研(AMOS製造メーカー)の方もいるので!

そうですね…。アルティマは好牌が上山に集まりやすいというのは本当ですか?

これは厳しい質問がきましたね(笑)

「アルティマの牌の積み方の構造上、そうなることが多いのではないか」というご指摘をいただくことは事実です…!

ですが、アルティマ時代にご指摘いただいていた”牌の積み方”はREXXシリーズから改善されておりまして、攪拌率も向上しています。

なるほど、よりしっかり混ざるようになったのであればありがたいです!

混ざる時間は長かったけど、REXX3が一番よく混ざっていた感じはしましたね。

もっと麻雀卓にこうなって欲しい!っていうような希望ってあります?

もっと初心者の方が入りやすくするためには、アガった時に点数が出るとか、役が出るとか。そういう機能があるといいかもしれないですね。

応援してくれる人より先に諦めない

普段ゆーみんは雰囲気は大事にしながらも、リアルでもSNSでも言いたいことはしっかり言ってますよね。

結婚の発表もファンの方々に向き合って入籍直後すぐにしてたじゃないですか。自分に関わる人たちを大事にしているからこそだと思うのね。ファンの方々との関わりは自分の中でどのように意識してるんですか?

最近はある程度おとなしくなっちゃったんですけど、元々は麻雀プロ魚谷侑未は何をどう考えてどうしたっていうのをしっかり発信していきたいと思ってて。

思っている事をしっかり話してこそ、本気で応援してもらえる麻雀プロになれるのかなと考えていたので。

だけど、今は色んな影響も考えて保守的になってる部分も少しあるかな。

ゆーみんは「応援してくれる人よりも先に諦めない」をポリシーとされてますよね。

それは本当にいつも思ってる。というよりもそれが全てかな。他に座右の銘とかモットーとしてる事ってなくて、それだけを大事にしてる。

麻雀ってほぼ結果が出てしまう瞬間があって。そこからどう悪あがきをするかって事になるけど、度を越すと場を壊してしまうから難しい。

なかなかそういう場面の正解って無くて、映像対局を見てるとき「この人諦めちゃったな」って思う場面もあったりする。

でも、それって見ている人ががっかりしてしまうかもしれない。可能性がある限りは応援して下さる方々の為に、最後の瞬間まで自分の可能性を消す選択はできないなと思って、苦しい場面に立ち向かってる。

2019シーズン、ゆーみんは個人MVPを獲得したじゃないですか。けどチームは優勝まであと半歩届かなかった。最終半荘の起用について、監督とはどういう話をされていたんですか?

最終局面のちょっと前からこうしようと思うと話はされていて、最終戦は自分が出ることは事前にほぼ決まってました。

最終戦で私が逆転されてしまい、監督は「自分の判断が悪かったのかもしれない、こうしていたら、優勝できたかもしれない、ごめんなさい」と私たち選手達に向けて話されましたが、監督の判断は何も悪くなくて私の力が足りなかったと感じてます。

最終局、逆転の跳満聴牌にたどり着いたじゃないですか。パイレーツが逃げ切るか、フェニックスが逆転優勝かという状況で。

ABEMASは既に優勝が無い状況でしたけど、ああいう最終局面だと逆転しなきゃいけない人に感情引入しやすくて。あの時のゆーみんの決意の表情とかがすごく印象的でした。

最後の半荘を任される立場ってすごく重いと思っていて。あの場面はゆーみんにとってどんな経験でしたか?

無我夢中だったけど、あの最終戦どうしても感情がいつも以上に入ってました。

最終局の聴牌時には、剛さんからの直撃もありそうとかリーチ判断を色々考えてたけど「魚谷侑未は、ここまでこれをアガってきたからここにいるんだ」と自分を鼓舞してました。

今までのプロ人生で、幾度となく困難を潜り抜けてきたゆーみんとしては、これを何度も乗り越えてきたじゃないかって自分を奮い立たせてた感じですよね。

けど、ラスト6巡くらいに差しかかって、これは山に居ないんだなって思ってた。もしかしたら・・・と願ってたけど。


きっかけをくれた大将の言葉

決勝の戦いの後はどうでした?

しばらく魂が抜けてましたね。なんなら2020シーズンが開幕するあたりまで魂が帰ってこなかった。

女流モンドの優勝インタビュー記事でも話していましたね。それだけ負荷の大きな戦いだったって事ですね。

これまで個人でたくさんタイトル戦に挑んで、負けた後に辛い気持ちになって沈み込むことはあったけど、今回の苦しさは経験したことないものでした。

2019シーズンのファイナル以降のリーグ戦やその他対局はどうも入り込めない所がありました。

私は気持ちで麻雀を打つタイプなので、河の情報とかは見えていても、それ以上が入ってこなくてなかなか勝てない時期が続いてました。

その状況を乗り越えるきっかけって何かあったんですか?

個人MVPのお祝いにって知り合いの方がちょっといいお寿司屋さんに連れてってくれて、そのお店の大将さんが接客上手な方で、帰る前にこういう話をしてくれたんです。

「皆様、今日はいらっしゃっていただき本当にありがとうございます。私は皆様がに来店して頂けるから、こうして今日も自分のやりたい、おいしい寿司を握るという仕事をさせていただいて生きていけます。」と仰っていたの。

きっとこの大将さんは毎日全てのお客さんにこの話をしているんだなって感じて、その時に「私は今、1日1日を全く大切にできていない、ただ日々をこなすだけになってる」と気づかされたの。


寿司屋の大将さんに気づかされたんだ!でもわかる、いっぱいいっぱいになっちゃうもんね。確かに好きな事を仕事にしてるし、やりたいことができているって自負はあるけど、全部に一生懸命できていますかって言われると難しいよね。

特にその時期はコロナ自粛明けでスケジュールも詰まってる期間だったから、なおさらこなすという感じになっちゃってた。

でもそうなっている事に大将さんの言葉で気づくことができたの。そこからまた一つ一つの事にしっかり向き合うことができた。そこが私の中で大きな切り替えのポイントになったかな。

すごいね、私もちょっと心に染みました。あとでその大将さんが居るお店教えてね!

魚谷選手の今後の目標は?

ズバリ、ゆーみんの今後の目標は?

まずはMリーグ優勝、個人としては連盟の鳳凰位になるためにリーグ戦昇級。ゆくゆくは子供も欲しいかな。

ゆーみんがこういう風にMリーグ見てほしいなってファンの方々に伝えたいことってありますか?

ファンの方があってこそのMリーグなので、その人なりの応援であればどんな形でも嬉しいです。

おススメは推しチームを作って熱を入れてそのチームを応援してほしいなと思います。

あのチームは負けろ~!って思いながら見るのも一つの形かなと思います。

チームが連勝したり勢いがあったりすると、そういう気持ちを向けられることが多くなりますよね。

そうだよね、フェニックスもそういう場面があった。けど嫌いっていうのは裏返しで、ファンがいない人って嫌われないのよね。ファンの方々が居てこそなのよね。

とにかくたくさんの人にMリーグを見てほしい。見てくださる方々の為に、これからもしっかり麻雀に取り組んでいきます。


撮影:長谷繁郎

対談を終えて

今回4回目、ゲストは魚谷さんに来ていただきました。魚谷さんの気になるプライベートにたくさん踏み込んで幸せのお裾分けをいただきました!麻雀にもファンの方にもまっすぐ向き合う姿勢が印象的で、その魅力が彼女らしさだと感じました。来シーズンも目が離せませんね。次回のrealMも皆さんお楽しみに!(AMOSアンバサダー日向藍子)

↓#RealMで感想をシェア
魚谷 侑未(うおたに ゆうみ)
誕生日:1985年11月2日
出身地:新潟県
血液型:B
獲得タイトル:第6期7期女流桜花、第44期王位戦、第16回日本オープン、第10回12回18回女流モンド杯、第9回11回12回モンド王座

2009年にプロデビュー、たゆまぬ努力で実力を向上させて数々のタイトルを制覇。鳴きを駆使したアガリの多さから「最速マーメイド」の異名も持つが、打点も追った打ち筋も随所に見せる。2018年にセガサミーフェニックスからドラフト1位で指名され入団。2019年にはMVP、最高打点賞の2冠を獲得する。
日向 藍子(ひなた あいこ)
誕生日:1988年9月24日
出身地:長野県茅野市
血液型:O
獲得タイトル:プロクイーン16期,17期、RTDガールズファイト3優勝、第1回女流モンド新人戦優勝

渋谷ABEMASの一員となった2019年に第一子を出産。シーズンの成績もプラスにまとめ、育児も対局もこなす”ママ雀士”として活躍。2020年10月AMOSアンバサダー就任。